長野県議会議員・小島康晴オフィシャルサイト | ブログ

長野県議会議員・小島康晴の活動をお伝えするブログ
ブログ
東中70周年記念式典
2016092509190000.jpg
無事終了しました。担当実行委員としては、一安心です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.09.25 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) | モブログ
9月議会が開会
 本日、長野県議会9月定例会が開会しました。会期は10月7日までです。知事からの提案は、約200億円の補正予算案などですが、大北森林組合の問題や、現地機関の見直しなど、様々な議論が展開されそうです。

 知事提案説明のうち、現地機関の見直しに関する部分は下記のとおりです。これまでの事務方の説明など聞く中では、地方分権、組織内分権を目指す私個人としては、総体的には良い素案かと思っていますが、議会内では様々な意見もあるようです。約3カ月かけてしっかり検討したいと思います。

【現地機関の見直し】
  行政機構審議会からの答申を受け、「地域振興局」の設置などを柱とする「現地機関の見直しに係る実施案」を今月15日にとりまとめ、公表いたしました。
 この間、合同庁舎における行政機構審議会の開催、市町村アンケートの実施、私や副知事による現地機関の職員との対話など、日頃から県民の皆様と直接向き合っている市町村や現場の考えをできる限り反映するべく、丁寧に取り組んでまいりました。
 広大な県土を有する本県においては、それぞれの地域が独自の風土、歴史、強みを有しており、抱える課題も様々です。また、近年では、中山間地域への支援や観光地域づくりなど、分野横断的に取り組むべき課題も増大しています。こうした中、全県一律の対応ではなく、県民や市町村に身近な現地機関が主体となって、かつ、相互に連携することで、地域の実情を踏まえた課題解決を迅速かつきめ細やかに行っていくことが求められており、そのための体制構築が不可欠です。
 今回の実施案では、地方事務所に代わって新たに地域振興局を設置し、地域振興局長に対しては、地域の「横断的な課題」について複数の現地機関を統括、調整する権限や、人事配置に関するこれまで以上の裁量権を付与するとともに、主体的に活用できる予算の充実や部局を通じた予算要求の制度化により、その財政的な権限も強化することとしております。また、現地機関の長を集めた「地域振興会議」や、地域振興局の調整機能と政策形成機能の強化を図るための「企画振興課」の設置、市町村等との人事交流の拡大などにより、地域一体で課題解決に当たることができる体制としていく考えです。
 こうしたことにより、地域振興局長がその権限と責任の下、保健福祉事務所や建設事務所などとも連携し、それぞれの地域における県民ニーズに対して、的確かつスピード感を持って対応することが可能となります。地域の課題については現地機関がしっかりと向き合い、それを私や副知事、本庁各部局が支援する組織体制にしてまいります。
 一方、今回の見直しでは、専門性や災害時などの迅速性の発揮も重視しており、保健福祉事務所や建設事務所については基本的に現行の体制を維持するとともに、税務業務に関しては全県的共通性や専門性が求められることから、地方事務所から独立した「県税事務所」を設置し、課税事務の集約化を図ってまいりたいと考えております。
 本県の産業振興に重要な役割を果たしている試験研究機関に関しては、見直しの第一弾としてその情報発信や相互連携の強化を図ってまいりますが、今後、新たな総合計画の策定とあわせて、そのあり方を抜本的に検討してまいります。
 今回お示しした現地機関の見直しに係る県実施案につきましては、今後、議会や県民の皆様の御意見を頂戴した上で内容を確定させ、来年4月の組織改正に向けて準備を進めてまいります。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.09.21 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) | 活動報告
敬老祝賀会
 本日は、軽費老人ホーム「ヴィラ緑風苑」の敬老祝賀会にお招きいただきました。
 ほぼ毎年出席していますが、今年は百歳の方が1名、88歳(米寿)の方が6名で、お祝いの記念品など受けられました。
 驚いたのは、この百歳の方が7名を代表してしっかりと謝辞を述べられたことです。あとでお聞きすると、ほとんど自力で歩けるし、耳や目も少し衰えた程度とのことでした。祝宴に入り、近くの席で拝見していても、自分で食事もでき、余興の歌に合わせて楽しそうに手拍子をしたり、一緒に口ずさんでおられました。ずっと農業にたずさわり、足腰がしっかりしているからでは、とのことでした。さらに健康で長寿を重ねられるようお祈りしたいと思います。

 県内で百歳以上の方は、9月1日現在で1,603人いらっしゃるとのことです。長生きすることが辛いことではなく、楽しく幸せであるように、県政の場でしっかり取り組みたいと決意を新たにしました。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.09.19 Monday | comments(0) | trackbacks(0) | 活動報告
「現地機関の見直し」にご意見を
 長野県では、「長野県行政機構審議会」の答申を受け、「現地機関の見直しに係る県実施案」を策定しました。10月14日まで県民の皆様のご意見を募集しています。
 阿部知事も「県組織は県民の皆様に真に役立つものでなければなりません。県民の皆様からの忌憚のない御意見を心よりお待ちしております。」とメッセージを発しています。

 今回の見直しの柱は、10の地方事務所に代えて「地域振興局」を設置し、地域の諸課題を組織横断的にスピード感をもって解決にあたろうとするものです。
 すでに私の所見を一部お知らせしているように、新しい組織あるいはその長である局長に、どれだけの権限、財源、人材をあてるか、ということが重要です。県議会においてもしっかり議論してまいりますが、重ねて県民の皆様のご意見・ご要望をいただきたいと思います。


「地域振興局」の名称

 さて、この新しい「地域振興局」の名称について、厳しいご意見をいただきました。現在の地方事務所の名称は、佐久、上小、諏訪、上伊那、下伊那、木曽、松本、北安曇、長野、北信、となっています。
 このうち今回の見直しに際し、次の3つを名称変更すると提案されました。
  ・上小 → 上田  ・下伊那 → 南信州  ・北安曇 → 北アルプス
 「名は体を表す」というように、もちろん中身も大切ですが、名称も軽視できません。特に、上小が上田となることは看過できない。長野、松本、上田ときて、飯田とならないとは何事だ、と強いお叱りのご意見をいただきました。

 事前に直接・間接見聞きした検討の状況は、

・慣れ親しんだ「下伊那」を引き続き使用する。→ 飯田市は振興しないのかと言われないか。(これまでも通用してきた)
・長野、松本にならい「飯田」とする。→ 郡部の振興を軽視するのかと言われないか。(ちなみに、建設事務所や保健福祉事務所は「飯田」)
・当地域の包括的な呼称である「飯伊」とする。→ 県の組織として県内外に示すとき「ハンイ」とはどこか理解されにくい。(当地域の住民のための組織であることが第一)
・すっきりと「飯田下伊那」とする。→ 長すぎる。(?)
・広域連合にあわせ「南信州」とする。→ 県の組織として「南信」(教育事務所や労政事務所)があるが、上伊那や諏訪も含んでいる。
 このほかにも、郡市を網羅する団体等には、「飯下」や「みなみ信州」「信州飯田」などあります。

 どの名称にも一長一短がありますが、県の公の組織の名称として長期間使用される可能性が大きいので、様々な地域の声を聞き慎重に決定することが望まれます。
 ちなみに私個人としては、将来への希望も込めて、“單帖↓飯田下伊那、H唹法↓げ式貌瓠△僚腓任垢垢瓩燭い隼廚辰討い泙后
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.09.18 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) | 活動報告
9月議会に向けて打合せ
 長野県議会9月定例会は来週21日(水)に開会します。そのため本日は議会運営委員会が開催され、これを受けて会派の団会議を行いました。今回は9人の議員が一般質問を行うことになり、およその質問内容や持ち時間、登壇順など協議しました。近頃またぞろ地方議員の不祥事が話題になっております。選んでいただいた県民の皆様のご期待に背くことのないよう、会派一同一丸となって諸課題に取り組んでまいります。

 鳥獣被害対策やジビエ活用等について勉強会を行いました。毎年被害額は減少傾向にありますが、27年度も10億円近い被害を受けています。そして、シカによる山林被害を中心に、下伊那地域の被害額が突出しています。引き続き、しっかりと対策に取り組むよう求めていきます。
 ジビエ活用では、導入される移動解体車をおおいに活かしてもらいたいと思いました。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.09.14 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) | 活動報告
決算特別委員会現地調査2日目
昨日は伊那合同庁舎で、伊那保健福祉事務所、伊那建設事務所、伊那警察署、南信労政事務所を調査しました。
本日は、松本合同庁舎で、消防防災航空センター、工業技術総合センター、松本地方事務所、松本農業改良普及センター、中信会計センター、寿台養護学校を調査します。
その後、明科の水産試験場に赴き、両班合同で現場調査を行います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.09.09 Friday | comments(0) | trackbacks(0) | モブログ
決算特別委員会現地調査
 今日と明日、決算特別委員会の現地調査の2回目を行います。上伊那地区と松本地区の現地機関の決算状況など調査いたします。天気が心配されましたが、何とか伊那まで行けそうです。

 長野県議会の決算特別委員会は、各会派からドント方式で選ばれた12名の委員で構成しています。効率的に多くの機関を調査するため、通常2班に分かれて審査しています。正副委員長がそれぞれの班長を務め進行します。私は今回は1班(委員長班)に属しています。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.09.08 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) | 活動報告
各会派代表者会議(知事との懇談会)
 本日は、正副議長と各会派代表者との打合せ会議、知事と正副議長・各会派代表者との懇談会が行われました。

 このうち、知事との懇談会では、まず知事から、山の日記念大会、米国コロラド州訪問、現地機関の見直し、総合計画4年目、国の補正予算等についてあいさつがありました。その後、担当課長より、現地機関の見直し(案)と国の補正予算案の概要について説明がありました。
 その後懇談に入り、議長、副議長、会派代表が順次質問や提言を行いました。第2会派の代表である私は4番目の発言となります。先の発言者との重複を避けつつ、次の点を申し上げました。

 8月8日に会派で岩手県庁を視察した際、建設部の方から震災復興に向けた長野県からの職員派遣について、丁重なるお礼の言葉をいただいた。お伝えするとともに、改めて派遣され尽力されている職員の皆さんに敬意を表する。この皆さんが帰庁された際、その経験等を活かし全体化、共有化するしくみを考えてはどうか?

 現地機関の見直し案については、おおむね評価したい。地域課題(県民生活にほかならない)を図の上に持って行く発想はすばらしいので、これが実践されるよう期待する。
 この見直しを確かなものにするためには、権限、財源、人材を「地域振興局」に持って行くことが大切である。振興局長を「理事」とする、振興局長が自由にできる予算も3000万円くらいは確保する、など、具体的にに進めていただきたい。
 権限や財源を移すのにあわせて、人材も本庁から現地にできるだけ移すように考えてほしい。職員が1人いれば、それなりの消費が現地で行われ、地域の循環に資することにもなるので。
 「小規模町村が多いという長野県の特徴」ということが前提とされているが、当面は「役割分担」でいくのであろうが、いつまでもこのままでいいか知事として検討されているか?

 リニア中央新幹線は、この1〜2年が特に大切である。伊那谷自治体会議は、知事はテレビ会議参加であったが、できる限り顔を合わせて進めてほしい。JR東海に対しても、窓口責任者として、不十分な点はしっかり指摘するなど、対応していただきたい。

 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.09.07 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) | 活動報告
防災の日
 台風10号はじめ、あいつぐ台風により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 おりしも今日は「防災の日」です。1923(大正12)年の関東大震災にちなむもので、今日を前後して様々な防災訓練などが行われます。
 長野県でも、地震、噴火、水害など続きました。近くは熊本地震で、いまだに震度5や4が起きています。「想定外」を想定して、常に気持ちを新たに、訓練等を重ねなければならないと思うところです。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.09.01 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) | -
雨にも負けず今年も「現役」
 大宮諏訪神社の秋季祭典の宵祭りが昨日開催されました。
 午後の子若連のキオイは、ちょうど雨があがって、元気よく無事終了しました。
 夜の大人神輿の出発のころから再び雨が降ってきて、ずぶぬれのキオイとなりました。還暦を過ぎたので少し躊躇しましたが、同年生まれでまだ担ぐという仲間がいたので、私も担ぐことにしました。さすがにキオイゾーンでは足がもつれましたが、最後まで何とか担ぎきることができました。来年のことはわかりませんが、できる限り「現役」でいたいものです。
 悪天候の中、年番の皆様にはお世話になりました。お疲れ様でした。


子若連の出発で鬨の声
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.08.28 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) | とびとび日記
小島康晴
カテゴリ
最近のお知らせ
リンク
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします。

月別アーカイブ
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
コメント
プロフィール
RSS配信中
携帯アクセス
qrcode