長野県議会議員・小島康晴オフィシャルサイト | ブログ

長野県議会議員・小島康晴の活動をお伝えするブログ
ブログ
今日から一般質問
 長野県議会11月定例会は、今日から4日間一般質問が行われます。1日目の今日は9人の議員が登壇し、このうちわが会派「信州・新風・みらい」からは、小林東一郎議員、石和大議員、寺沢功希議員、山岸喜昭議員の4名が順次質問します。「乞うご期待」です。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.11.29 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) | 活動報告
不戦の誓い
2016112515090000.jpg
地下壕入り口脇にある「不戦の誓い」の碑と説明板です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.11.25 Friday | comments(0) | trackbacks(0) | モブログ
松代象山地下壕を見学
2016112515070000.jpg
県議会は今日は「議案調査日」です。日中友好促進議員連盟の事業として、松代象山地下壕の視察を行いました。初めに「もうひとつの歴史館・松代」で概略説明をいただきました。そして、ヘルメット借りて、いよいよ地下壕へ。縦横に掘り進められている壕が、70年前に約9か月でほぼ完成されたことに驚かされます。多くの犠牲があったことがしのばれます。繰り返してはならない戦争の記憶として、長く引き継がれるよう希望いたします。一度は行ってみたいと思っていた所に行くことができ、発案した会長に心から感謝したいと思います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.11.25 Friday | comments(0) | trackbacks(0) | モブログ
地域振興に心を込めて
 昨日の知事の議案説明(要旨)のうち、新たに設置する「地域振興局」に関する部分は下記のとおりです。

【現地機関の見直し】
  先の9月定例会における御議論や県民の皆様からの御意見を踏まえ、予算や体制のあり方についてより明確化した上で、今定例会に「地域振興局の設置に関する条例案」、「県税事務所の設置に関する条例案」等を提出し、併せて設置準備に必要な経費について、補正予算案に計上いたしました。
 県民に身近な市町村に対するアンケート結果を見ると、特に地方事務所に関しては、積極的なリーダーシップを期待する声や、町村との連携を密にした機関とするべきとの意見、許認可権限や執行可能な予算の拡大への期待など、様々な御意見等が出されております。
 こうした御意見等に対応し、広大な県土と多彩な市町村から成る本県が、地域の強みや特性を最大限に活かした地域振興を進めていくためには、県の現地機関が連携し、これまで以上に主体的、積極的に地域課題の解決に当たっていくことができる体制を構築することが急務であるといえます。
 新設を予定する地域振興局は、知事・副知事に直結する組織とし、地域振興局長がリーダーシップを発揮しやすいように、横断的な課題について現地機関を統括・調整する権限を付与するとともに、政策づくりや現地機関相互の調整を担う企画振興課を新たに設置します。
 また、予算面では、新たに総額1億円程度の「地域振興推進費(仮称)」を創設し、「地域発 元気づくり支援金」と合せて、地域振興局長が主体的に執行できる予算を充実します。
 地域振興局の設置に併せ、全県的共通性や専門性が求められる税務事務を独立させた県税事務所の設置や建築課の建設事務所への移管なども行い、より効率的、効果的な組織としてまいります。
 今回の見直しの目的を実現するためには、現地機関はもとより本庁も含めた職員の意識や組織風土の変革が大変重要です。そのため、現地機関を重視した人事管理や、県と市町村との人事交流の拡大などにも取り組んでまいります。


 「地方の時代」といわれ、「ふるさと創生」「地方分権」「地域主権」等々と言われてきましたが、地方は人口減少が続き、総じて衰退の一途です。この度の「地方創生」が起死回生策となるか、「地域振興局」がその中核を担えるか、しっかり議論したいと思います。
 なぜこれまでの施策が功を奏していないのか、今後の地域活性化はどうあるべきか、『地方創生大全』(木下斉・著)が分かりやすく、的確な分析をしていると思います。是非地域を担う方々のご一読をお薦めいたします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.11.25 Friday | comments(0) | trackbacks(0) | 活動報告
総合計画研究会設置を決定
 長野県議会11月定例会が開会しました。
 知事提案説明(要旨)のうち、リニア中央新幹線に係わる部分は下記のとおりです。

 リニア中央新幹線南アルプストンネル長野工区の起工式が今月1日に執り行われ、県民が長年待ち望んでいたリニア中央新幹線の建設が、いよいよ本格的に動き出すこととなりました。
 県としては、リニア中央新幹線の整備効果を広く県内に波及させるため、長野県駅と座光寺インターチェンジを結ぶ座光寺上郷道路や県道松川インター大鹿線の改良など、リニア関連道路の整備を着実に推進します。
 また、「リニア中央新幹線整備を地域振興に活かす伊那谷自治体会議」でとりまとめた、リニアバレー構想の実現を目指し、民間投資を誘発するためのまちづくりや、伊那谷の定住・交流人口の増加を目的とした移住促進や広域観光、伊那谷の強みを活かした産業振興に、関係市町村と協力して取り組んでまいります。
 建設促進にあたっては、建設工事に伴う地域住民の不安や懸念への対応も忘れてはなりません。先月30日には大鹿村の柳島貞康村長、村議会議員の皆様をはじめ、観光協会、商工会など村内各団体の皆様と意見交換会を行い、工事用車両の通行など工事に伴う生活や観光への影響に関する不安、道路改良や地域産業に対する支援の要望など、地域の皆様の切実な思いをお伺いしてまいりました。
 リニア建設工事に関係する市町村とは、引き続き問題意識を共有し、発生土置場の選定などの課題解決や未来に向けた地域づくりのため、関係部局を挙げて積極的な支援を行ってまいります。


 本会議に先立って、正副議長と各会派代表者との打合せ会議が開催され、次期総合5か年計画について、前回同様議会内に研究会を設置することを全会派一致で決定しました。メンバーは11名とし、ドント方式で各会派から選出することとしました。わが会派からは3名になります。
 総合計画のあり方自体も含め、しっかりと県民の皆さんのご期待にそえるよう取り組みたいと思っています。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.11.24 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) | 活動報告
飯田市技能勤労者褒賞
 昨日(勤労感謝の日)、 第37回目の飯田市技能勤労者褒賞式典が開催され、来賓としてお招きいただきました。
 本年度は21名の方が受賞されました。最高年齢は76歳、最高従事期間は55年とのことで、理容、美容、左官、調理、水引など様々な職種の皆さんです。日頃お世話になっている方や存じ上げている方も何人もおられ、大変うれしく思いました。
 また、本年度から市外在住の方でも市内で従事されてきた方に対象を拡大したとのことで、豊丘村の方が受賞されました。「飯田・下伊那」の一体感からも、結構なことだと思います。

 受賞者の皆さん、誠におめでとうございました。これからもご活躍されるようお祈りいたします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.11.24 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) | 活動報告
今日から県議会11月定例会
 本日(24日)長野県議会11月定例会が開会します。会期は12月9日までです。地方事務所にかえての「地域振興局」の設置や、引き続き大北信林組合の問題、補正予算案など議論されます。

 天気予報通りとはいえ、朝起きると長野は一面雪景色です。昨晩の内に最終バスで長野入りしているので私は無事?ですが、本年最初の本格的な降雪です。運転等お気をつけください。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.11.24 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) | 活動報告
揺れました!
会合で東京に来ています。ベッドから起き上がろうとした矢先、いきなり揺れ始めました。9階にいたので大変怖い思いをしました。備えあれば憂いなし、改めて痛感しました。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.11.22 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) | モブログ
パブリックコメントの意義あるいは価値
 11月18日付で、「現地機関の見直しに係る県実施案」に対する意見募集(パブリックコメント)の結果が発表されました。
 このうち、新設される「地域振興局」の名称について、飯田市議会議員有志の皆さんの、〜県の案では「南信州地域振興局」となっておりますが、私どもは「飯田地域振興局」が望ましいと考えております。〜との提言に対する県の見解(回答)は次のようでした。


 地域の振興を目的とする現地機関として地域振興局を設置するに当たっては、広域的な観点から管轄区域全体を表わす名称を付けることが必要であると考えます。このため、当該地域の住民にとって区域全体を表わしていると受け止めることができる名称であること、観光や地域の農産物などを他の地域や県外にもアピールしていくことができる名称であることなどの観点から検討を行い、また、市町村長の皆様からの御意見も踏まえ、今回の実施案のとおりの名称とさせていただきました。


 意見を募集し、丁寧に応答することは意義あることですが、望むらくは、「受け入れられるものは受け入れる」という姿勢が価値あるものと考えます(ものにもよりましょうが)
 10万市民を代表する市議会の有志(たぶん過半数)の提言を真摯に受け止めてほしいと知事にも申し上げました。私の趣旨は若干違いますが、(長野・松本・上田と同様に「飯田」が理想でありますが、)少なくとも管轄区域全体を明確に表すならば「飯田下伊那」とすべきというものです。余談ながら、昨日・今日熱戦が繰り広げられている駅伝チームも「飯田下伊那」ですね。「全諏訪」や「上伊那」に対抗するには「南信州」というわけにはいかないのです。「南信3郡」という言い方がそれをよく表しています。

 条例案となり、議会で可決すれば、よほどのことがない限り変更されません。さらに慎重に再考するよう求めていきたいと考えています。

 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.11.20 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) | とびとび日記
下市場トンネル開通前イベント
 一般国道152号和田バイパス・秋葉街道下市場トンネルの開通前記念事業が開催されました。あいにくの天候でしたが、地元の皆さんはじめ多くの参加者で盛り上がりました。
 正式な開通は来月17日の予定です。長く待ち望んだ、矢筈トンネルから八重河内地区までの、いわば遠山谷の背骨がまっすぐ一本通った形になります。十数年前、合併協議などで何度も通った「悪路」を思い出し、感無量でした。

 通常の開会式に続き、まず私たち来賓などにより、トンネル銘板の除幕を行いました。両側に分かれて紅白のひもを引くと、おおいの布が落下して、トンネル入口上に「秋葉街道 下市場トンネル」の銘板が見事に現れました。あえて「秋葉街道」を付けたのだと何人かの方から伺いました。
 雨天のため、予定されたアトラクションなどはトンネルの中で演じられました。遠山郷キッズ太鼓、中学生のよさこいソーラン踊りが披露されました。
 続いては、「伝統芸能公演」として、上村中郷の獅子舞、和田小学校の霜月祭りクラブ、遠山中学校有志の霜月祭り(和田の舞)、八重河内霜月祭り保存会より公演がありました。普段なかなか見ることのできないものを、まさに堪能させていただきました。


   小学生の舞


   中学生の舞

 八重河内霜月祭り保存会の公演の中では、飛び入りで飛び跳ねるカラス天狗を受ける役をやらせてもらいました。いつも昼間の神事だけお邪魔して失礼しているので、よい思い出になりました。

 屋外ではテントを張って、「遠山郷・郷土食まつり」が開催され、ジンギス、けんちん汁、五平餅、下栗いも、こんにゃくおでん、さんま塩焼きなどがふるまわれました。(無料)
 どれも美味しかったですが、遠山名物ジンギスの3つのお店の食べ比べは、めったにできないことで参加者みょうりに尽きるものでした。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.11.19 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) | 活動報告
小島康晴
カテゴリ
最近のお知らせ
リンク
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします。

月別アーカイブ
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2016 >>
コメント
プロフィール
RSS配信中
携帯アクセス
qrcode