長野県議会議員・小島康晴オフィシャルサイト | ブログ

長野県議会議員・小島康晴の活動をお伝えするブログ
ブログ
本則と附則
 選挙区等の見直しの論議がされていますが、その中で法律の読み方について私の理解と少し異なる見解が一部で唱えられているので、改めて勉強しなおしてみました。

 法律の中に「本則」と「附則」があり、「附」とあるので、あたかも本則が「主」で附則が「従」のように見えますが、「附則と本則の効力は同じ」というのが基本的な考え方です。

 ちなみに参議院法制局のコラム(「立法と調査」NO.196・1996年11月)には、 〜附則には、経過措置など当事者にとって重大な影響を及ぼす事項が規定されて〜いるとし、〜本則の円滑な運用のためには不可欠な規定であり、見落としてはならない法律の重要な構成部分〜と記されています。

 これをもとに考えれば、「当該選挙区に係る区域の変更が行われた場合」でもないのに、下伊那郡選挙区を南北に分断しようとする案などは、(違法かどうかは専門家に調べてもらいますが)下記の附則の立法の趣旨に反するといわざるを得ません。

公職選挙法の県議の選挙区の経過措置に関する附則
〜第三条 新法第十五条第一項の規定にかかわらず、施行日の前日における都道府県の議会の議員の選挙区で隣接していない町村の区域を含むものがあるときは、当該選挙区の区域をもって、一の選挙区とすることができる。ただし、当該選挙区に係る区域の変更が行われた場合は、この限りでない。〜
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2017.10.03 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) | とびとび日記
今年も「担ぎ手」現役で・・・
 昨晩、外縣大宮諏訪神社の秋季祭典が好天に恵まれ無事挙行されました。

 同年代の仲間がだんだん「警護」にまわるなか、少し悩みましたが「担ぎ手」で頑張ることにしました。長男を隣に配して助けを借りながら、また途中本部席にお招きいただき中抜けしたこともあり、なんとか最後まで担ぐことができました。再来年は「年番」で大人神輿は休むと思われるので、来年までは現役でいたいと思っています。


 自宅前でいざ出発!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2017.08.27 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) | とびとび日記
ごみ分別勉強会
 家族が皆ではらっていたため、町内の公民館での「ごみ分別勉強会」に参加しました。これは、9月1日からごみ焼却施設が桐林から稲葉にかわることにより、分別内容等が変更になるために開催されたものです。
 町内全戸に呼びかけがあり、三分の一を超える世帯の参加がありました。

 市役所の担当係長から、新しい焼却場の概要、ごみの分別内容の変更点、指定ごみ袋の変更、ごみの出し方について、約1時間をかけ懇切丁寧に説明されました。回覧文書等でもわからないわけではありませんが、やはり直接説明を聞くと良くわかります。「環境文化都市」の名に恥じない取り組みを引き続き行いたいものです。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2017.07.27 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) | とびとび日記
オーケストラと友に音楽祭
 春の連休の楽しみのひとつは「オーケストラと友に音楽祭」です。今回は9回目となります。

 今年は都合が合わず、昨晩の「名曲コンサート」のみ鑑賞しました。おなじみの「名古屋フィルハーモニー交響楽団」と円光寺雅彦さんの指揮による、チャイコフスキーの交響曲第5番などを堪能しました。
 ほとんど年に一度オーケストラに触れる唯一の機会ですが、やっぱり生で聴くのが一番と痛感しました。

 こういうことが毎年できるのも、実行委員会の皆さんやそれを支える皆さんのおかげであり、心から感謝しつつ、来年もよろしくお願いしたいと思います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2017.05.07 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) | とびとび日記
飯田の大火 70周年
 今から70年前の今日、昭和22(1947)年4月20日、飯田市街地は未曾有の火災にみまわれ、その約7割を焼失するという大惨事となりました。

 この大火からの復興の過程で、広い防火帯道路が設けられ、その緑地帯に地元の飯田東中学校の生徒により、りんごの木が植樹され、「飯田りんご並木」が誕生しました。大火満70年を前に、昨年11月天皇皇后両陛下に「りんご並木」に行幸啓いただいたことは誠にありがたいことでした。

 また、その後天皇陛下は「災害復興を機に、前より更に良いものを作るという、近年で言う『ビルド・バック・ベター』が既に実行されていたことを知りました」との感想を述べられ、現地にはそれを記した記念碑が建立されました。

 年月が経っても災害のことを忘れず、常に「前より良く」の気持ちで進んでいきたいと本日改めて思うところです。
今回の選挙で当選した私より若い新市議会議員の皆さんにも、是非そんなことを期待するものです。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2017.04.20 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) | とびとび日記
「福沢かつのり」さんがトップ当選
 飯田市議会議員選挙が終わりました。名乗りを上げた新人5名が全員当選し、現職(共産党、社民系)お二人が涙を呑む結果となりました。
 市役所の後輩であり、同じ係で仕事をしたこともある「福沢かつのり」さんは、3,610票を獲得しトップ当選で見事初陣を飾りました。本当におめでとうございました。
 私の後援会の事務局長である山崎昌伸さん、木下容子副議長、陰ながら応援した候補など、続々当選を決めるなかで、私の古い友人でもあり連合の支援もいただいた、森本政人さんが議席を失ってしまいました。私にとっては悲喜相半ばする結果で、痛恨の極みです。

 今回は過去2回と様相が変わり、誰が落ちてもおかしくないという激戦が展開されたにもかかわらず、投票率は過去最低を更新する、57.95%とのことです。一番身近な市議会議員選挙にもかかわらず、また、25人の粒ぞろいの陣営が熱心に運動を繰り広げたにもかかわらず、約3万5千人の皆さんに思いが届かなかったわけで、大変驚いています。

 少し落ち着いたら関係の方々とも意見交換し、投票率の問題も含めよく結果を分析し、私としても同じ自治体議員として反省すべきは反省し、今後の活動に生かしたいと思います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2017.04.17 Monday | comments(0) | trackbacks(0) | とびとび日記
新しい獅子頭の入魂式
 昨春、申年の飯田お練り祭りを無事終えた「東野大獅子保存会」では、このたび獅子頭を新調しました。三代目になります。

 本日は、外縣大宮諏訪神社にて入魂の儀が厳かに執り行われました。



 6年後の寅年お練り祭りが楽しみです。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2017.04.01 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) | とびとび日記
『中京の信州人』
 名古屋長野県人会の会報である『中京の信州人』が届きました。開いてみると、昨年2月の「新春懇親会」の紹介もされています。副議長として祝辞を述べ、たのしく懇親を深めたことが思い出されます。



 会報に目を通すと、ふるさと信州への県人会の皆様の熱い思いがひしひしと伝わってきます。こうした思いに応えられるよう、私も「ふるさと信州」、そして何より「ふるさと信州飯田」のため、今年も頑張りぬきたいと思います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2017.01.02 Monday | comments(0) | trackbacks(0) | とびとび日記
パブリックコメントの意義あるいは価値
 11月18日付で、「現地機関の見直しに係る県実施案」に対する意見募集(パブリックコメント)の結果が発表されました。
 このうち、新設される「地域振興局」の名称について、飯田市議会議員有志の皆さんの、〜県の案では「南信州地域振興局」となっておりますが、私どもは「飯田地域振興局」が望ましいと考えております。〜との提言に対する県の見解(回答)は次のようでした。


 地域の振興を目的とする現地機関として地域振興局を設置するに当たっては、広域的な観点から管轄区域全体を表わす名称を付けることが必要であると考えます。このため、当該地域の住民にとって区域全体を表わしていると受け止めることができる名称であること、観光や地域の農産物などを他の地域や県外にもアピールしていくことができる名称であることなどの観点から検討を行い、また、市町村長の皆様からの御意見も踏まえ、今回の実施案のとおりの名称とさせていただきました。


 意見を募集し、丁寧に応答することは意義あることですが、望むらくは、「受け入れられるものは受け入れる」という姿勢が価値あるものと考えます(ものにもよりましょうが)
 10万市民を代表する市議会の有志(たぶん過半数)の提言を真摯に受け止めてほしいと知事にも申し上げました。私の趣旨は若干違いますが、(長野・松本・上田と同様に「飯田」が理想でありますが、)少なくとも管轄区域全体を明確に表すならば「飯田下伊那」とすべきというものです。余談ながら、昨日・今日熱戦が繰り広げられている駅伝チームも「飯田下伊那」ですね。「全諏訪」や「上伊那」に対抗するには「南信州」というわけにはいかないのです。「南信3郡」という言い方がそれをよく表しています。

 条例案となり、議会で可決すれば、よほどのことがない限り変更されません。さらに慎重に再考するよう求めていきたいと考えています。

 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.11.20 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) | とびとび日記
両陛下がご来飯
 本日午後、天皇皇后両陛下におかれては、わが「りんご並木」をご訪問されました。先だって午前中には、阿智村にある「満蒙開拓平和記念館」をご訪問いただきました。誠にありがたく光栄に存ずるところです。

 好天にも恵まれ、沿道では多くの市民の皆さんが両陛下を歓迎しました。私も長男とともに市役所近くでお迎えし、いとうやさん前でお見送りしました。お車の中から、お体を沿道の方に向けられ、丁寧にお手を振っておられるお姿は心に残るものでした。
 飯田のまちでは、人出がたくさんあるとき「お練りのようだ」などと言いますが、今日は「お練り以上だ」と語り合いました。

 「満蒙開拓平和祈念館」は、発案されてから足掛け8年、私も準備会の一員として実現を目指しました。厚生労働省へ直談判にも行き、県議会一般質問でも時の担当部長に強く迫ったことが思い出されます。大方の同僚県議の参加を得て建設促進議員連盟をつくり、側面支援をしていただきました。本当にありがたく思います。
 当初の思いの何分の一かの規模とはいえ4年前に建設ができ、毎年3万人前後の皆さんに来館いただきました。「これらの思いが結実し、このたびのご訪問につながった」との阿部知事の指摘は的を射たものと思います。(知事の英断も大きかったのです。)
 惜しむらくは、建設に向けて尽力されながら、今日この日を迎えることができなかった森田元県議をはじめとする諸先輩のことです。改めて心から敬意と感謝の気持ちを表したいと思います。

 「りんご並木」は飯田のまちづくりのシンボルとなっています。昭和12年度生まれの学年の皆さんが発案し、昭和15年度生まれの皆さんのとき誕生しました。以来60年あまり紆余曲折を経て受け継がれてきました。私も昭和30年度生まれの一員として「緑化部長」を務めました。あのころを走馬灯のように思い出し、感無量の一日でした。
 
 今日のご訪問を機に、満蒙開拓平和記念館もりんご並木も、さらに後世へと脈々と引き継がれるよう、気持ちを新たにするものです。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2016.11.17 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) | とびとび日記
小島康晴
カテゴリ
最近のお知らせ
リンク
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします。

月別アーカイブ
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
コメント
プロフィール
RSS配信中
携帯アクセス
qrcode