長野県議会議員・小島康晴オフィシャルサイト | ブログ

長野県議会議員・小島康晴の活動をお伝えするブログ
ブログ
<< 明日から11月県議会 | 戻る | ボーイスカウト50周年 >>
11月議会が開会、一般質問は2日から
 昨日(17日)長野県議会11月定例会が開会しました。知事の議案説明要旨のうち、リニア中央新幹線に関わる部分は下記のとおりです。
 知事の提案を受けて、2日から5日まで4日間一般質問が行われます。前回御嶽山噴火対応で一部繰り越したこともあり、今回は57人中38人が質問します。このうち2人がくじを引かなかったので、36人で抽選したところ、既報のとおり会派の「しんがり」となっていた私のくじは見事?36番で、くじを引いた36人の最終バッターとなりました。38人中36人目なので、5日の夕刻の登壇になると思われます。それまでの論議をじっくり聞いて、結果的に「議員間討論」につながるような質問をしてみたいと考えています。


【リニア中央新幹線】
 先月17日、国土交通省は、JR東海が申請していたリニア中央新幹線の工事実施計画を認可しました。いよいよ、リニア中央新幹線の整備が本格化してまいります。
 こうした中、県では、先月24日、「リニア中央新幹線地域振興推進本部会議」を開催し、リニア中央新幹線の整備効果を広く県内に波及させるために必要な関連道路の整備予定箇所を取りまとめて公表いたしました。具体的には、「伊那谷交流圏」の実現を目指して、県内駅の周辺整備や、県内駅と中央自動車道を直結するアクセス道路の新設、国道153号の整備などを行ってまいります。また、山梨県駅や岐阜県駅の活用を視野に入れ、諏訪湖スマートインターチェンジ(仮称)の設置や木曽川右岸道路の整備促進などにより、更なる交流の拡大を図ります。リニア中央新幹線開業とこうした関連道路の整備を行うことにより、伊那谷の人口の約85パーセントが東京90分圏域に入るなど、飛躍的な時間短縮効果が生み出されます。今後、リニア中央新幹線が伊那谷、そして長野県全体の振興、発展に最大限寄与するものとなるよう、関係市町村と連携して取り組んでまいります。
 また、リニア中央新幹線の建設に当たっては、環境等に対する地域の皆様の様々な懸念もあることから、引き続き、JR東海に対しましては、環境や安全面への十分な配慮と、地域との丁寧な合意形成を求めてまいります。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2014.11.28 Friday | comments(0) | trackbacks(0) | 活動報告
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yasuharu.jp/trackback/1115454
トラックバック
小島康晴
カテゴリ
最近のお知らせ
リンク
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします。

月別アーカイブ
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
コメント
プロフィール
RSS配信中
携帯アクセス
qrcode