長野県議会議員・小島康晴オフィシャルサイト | ブログ

長野県議会議員・小島康晴の活動をお伝えするブログ
ブログ
<< 代表質問要旨(5)台風19号災害からの復旧・復興の取組(信濃川水系緊急治水対策プロジェクト) | 戻る | 代表質問要旨(7)台風19号災害からの復旧・復興の取組(技術職員の確保) >>
代表質問要旨(6)台風19号災害からの復旧・復興の取組(県管理河川の安全度の向上)
代表質問要旨(6)台風19号災害からの復旧・復興の取組(県管理河川の安全度の向上)

【質問】
 県管理河川の内水対策や治水安全度の向上について、県として統一的な考え方を明らかにする必要があると考えるが、現在の検討状況について伺う。

【建設部長】
 今回の「信濃川水系緊急治水対策プロジェクト」では、概ね5年を目途に、千曲川本川では、「大規模な浸水被害が発生した区間等において越水等による家屋部の浸水を防止する」、支川では、「家屋部の浸水を防止又は軽減する」という統一した目標を設定し、対策を講じていくこととしている。
 また、一般的に実施している治水対策においては、想定氾濫区域内の人口・資産の集積状況や、築堤か掘込かなどの河川の形状等を踏まえて、万が一浸水した場合の社会的・経済的・人的影響の地域間のバランスを考慮しつつ、計画流量を定め、20年〜30年の間に対策を講じていくこととしている。
 さらに、内水対策については、床上浸水を発生させないことを目標として整備を進めている。
 このように、治水対策においては、保全対象の被害や影響度を尺度とし、統一された一定の目標、考え方のもとで整備を行っている。
 今般の台風19号による豪雨は、年間降水量の約半分が、2日間に集中するような異常降雨となったが、現在、国において、このような気候変動を踏まえた治水計画のあり方について検討が進められている。今後、国の方針を注視しつつ、必要に応じて計画の見直しを行い、県内の河川の安全度向上に努めてまいる。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2020.03.26 Thursday | comments(0) | - | 活動報告
コメント
コメントする









小島康晴
カテゴリ
最近のお知らせ
リンク
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします。

月別アーカイブ
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
コメント
プロフィール
RSS配信中
携帯アクセス
qrcode