長野県議会議員・小島康晴オフィシャルサイト | ブログ

長野県議会議員・小島康晴の活動をお伝えするブログ
ブログ
<< 安富桜と大宮神社 | 戻る | 代表質問要旨(17)「しあわせ信州創造プラン2.0」の推進と予算編成(地方創生総合戦略) >>
代表質問要旨(16)「しあわせ信州創造プラン2.0」の推進と予算編成(国の予算の評価等)
 ある意味では残念ながら、国(政府)の予算を抜きには県の予算も成り立ちません。

代表質問要旨(16)「しあわせ信州創造プラン2.0」の推進と予算編成(国の予算の評価等)

【質問】
 災害対策を中心にした今回の国の「15か月予算(案)」および、新年度の地方財政計画と臨時財政対策債の縮減について、どう受け止めているか。

【知事】
 この度の国の予算は、本県を襲った台風第19号災害の対応に関する予算をしっかり盛り込んでおり大変ありがたい。特に、「グループ補助金」は県内の産業が立ち上がっていくうえでは大変重要なものである。特別交付税についても、県や市町村が災害対応を進めていくうえで大変貴重な一般財源である。
 また、県立学校の校内無線LAN整備に対する補助金も含めて、未来への投資を進めようとしている本県の方向性とも合致している事業が多く、今定例会に提案している補正予算案と当初予算案には最大限活用させていただいた。
 地方財政計画については、厳しい税収見通しの中で、地域間で偏在している法人事業税の一部を国税化し、いわゆる偏在是正措置を講じて、人口減少が進行している地方に配分するための「地域社会再生事業費」が創設された。また、緊急的に河川等の浚渫を進める「緊急浚渫推進事業費」も創設されている。
 私どもとしては、こうした取組は大変ありがたいものと思っており、また、一般財源総額を増額確保する中で、臨時財政対策債が抑制されていることも一定の評価をする。
 しかし、依然として、「臨時」と言いながら臨時ではない「臨時財政対策債」になってしまっており、持続可能な地方財政の運営のために、引き続き、国に対しては、臨時財政対策債の廃止や地方交付税の法定率の引上げを含めた、抜本的な対応を強く求めていきたい。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2020.04.05 Sunday | comments(0) | - | 活動報告
コメント
コメントする









小島康晴
カテゴリ
最近のお知らせ
リンク
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします。

月別アーカイブ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
コメント
プロフィール
RSS配信中
携帯アクセス
qrcode