長野県議会議員・小島康晴オフィシャルサイト | ブログ

長野県議会議員・小島康晴の活動をお伝えするブログ
ブログ
<< 代表質問要旨(40)公文書管理条例について | 戻る | 飯田の大火から73年 >>
【代表質問を振り返って】
 2月19日に行った私の代表質問の要旨等を40回ほどに分けて報告いたしました。(ちょうど2ヶ月になってしまいました。)
 「あちこちに気を配り過ぎて項目が多すぎた」と先輩議員から指摘されたりしましたが、11月に知事宛提出した会派の提言の反映状況や、議会にも議決した責任がある『しあわせ信州創造プラン2.0』の進捗状況を確認していくと、こうなってしまいました。
 代表質問は、議員数6人以上の「交渉会派」の代表バッターが、質問持ち時間おおむね60分で登壇します。(今期は3つの会派が登壇します。)答弁時間を含めると2時間前後の長丁場となります。
 私たちの会派では、質問項目や内容を事前に何回か全員で議論します。もちろん、登壇する私の意見や思いも尊重いただきますが、いわば会派の総意としての質問です。これに対し、知事はじめ理事者からも真摯なお答えをいただけたと思っています。しっかり受け止め検証し、県政運営に活かしていくことこそが肝要と考えています。
 40回にわたりご覧いただいている皆様に改めて感謝申し上げます。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
 ↑ ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願いします。
2020.04.19 Sunday | comments(0) | - | 活動報告
コメント
コメントする









小島康晴
カテゴリ
最近のお知らせ
リンク
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ
↑↑↑
ブログランキングに参加しています。
応援のクリックお願いします。

月別アーカイブ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
コメント
プロフィール
RSS配信中
携帯アクセス
qrcode